毎日の収支はtwitterで報告しています。

スロットで勝つ為に期待値を追う。

養分スロッター Manoです。

月平均10万前後のプラスで年間収支はプラス150万ほどの

リーマンスロッターがお届けしております。

スロットはギャンブルと世の中のほとんどの人が

思っている事かと思います。

スロットはギャンブルでしょうか?

もちろんただ座っただけでは勝ちにくいでしょうし

ギャンブルになるでしょう。

それは株、FXなど投資もそうですし、人生そのものも

同じことが言えると思います。

勉強していけば勝率が上がってきたりコツが掴めて

成長するでしょうし

人生もなにも考えずに生きている方がギャンブルに近いと感じます。

でもスロットのAT,ART機に関しては

天井(強制的に当たり)機能がついています。

100%当たるのです。

有名なミリオンゴッド神々の凱旋は

1500G回せば強制的に当たります。

1500Gに近い回転数の台を選べば

最悪1500Gで当たるという元に投資ができます。

そしてよく耳にするであろう期待値というものが

あり、期待値を積み重ねていくしか勝つ方法はないと思います。

例えば私が打ち出す600G~800Gですと

ゲーム数 等価 56枚持ちコイン 56枚現金
600G 1900円前後 1700円前後 100円前後
700G 2800円前後 2500円前後 1000円前後
800G 4000円前後 3600円前後 2200円前後

の期待値があると言われてます。

ギャンブルにおいて掛け金に対して戻る金額の期待値とは、

戻ってくる「見込み」の金額です。

期待値・還元率というのは、

あくまでも長期的に試行した場合に収束する値のことです。

1回、2回の試行で見えてくるものではありません。

数百回、数千回試行する事で、

ようやくその割合に収束していくのです。

つまり期待値3000円をずっと積み重ねていくと

どうなるかお分かりですよね

必ずプラスに向いていくのです。

逆を考えると期待値がない台を打ち始めると・・・

1回や2回は勝てるときがあるかもですが・・・

どうでしょうか?

上のグラフと逆と思っていただければ

常にマイナス域に引っ張られていきます。

スロットで勝つにはこの期待値を追い求めていくしかないのです。

私もガチガチの期待値マンではありません。

ハナハナもジャグラーもかなり打ちます。

養分打ちもやってしまいます・・・

収支のバランスをみて養分打ちもしますが

プラスになったらやめる。

小役確立良くないなとおもったらやめる。

という意識はもってやっています。

スロットで勝つには勝ち勝ちくんは必要です。

設定を狙うときに必要な小役カウント

ジャグラーでのレギュラー先行台は本当はどうなのか?

などなど自分自身の根拠を増やすのに役に立ちます。

私はないと不安でたまりません。

パチンコ屋に行く時は必需品です。


究極攻略カウンター勝ち勝ちくんクリア ブラック ([バラエティ])

最新情報をチェックしよう!
NO IMAGE

FXするなら

レバレッジ最大888倍
ゼロカットシステム
約定拒否なし