【theoption】の4種類のトレード画面を解説

  • 2019年7月19日
  • 2020年5月2日
  • theoption
  • 222view
  • 0件

今回は実際のトレード4種について詳しく説明していきます。

分かりやすいように画像付きです。

theoptionのトレード4種類

口座開設をして入金をして

さぁいよいよトレードとなってきます。

少しトレードの種類を詳しくみていきましょう。

まずは画面上の

・HIGH/LOW
・スプレッドHIGH/LOW
・短期
・スプレッド短期

の4つからトレードが選べます。

・HIGH/LOW

HIGH/LOWは今の日本業者版と思っていただければ

最大2時間での上か下をきめるタイプになります。

ペイアウトは82~85%くらいです。

1000円投資で正解したら戻ってくるのが82%ですと1820円

スプレッドHIGH/LOW

スプレッドとは「売値と買値の差」のことです。

スプレッドタイプはこの差が大きくなり実際のエントリーより

不利な状態で始まるタイプになります。

スプレッドHIGH/LOWは

日本業者版と思っていただければ

最大2時間での上か下をきめるタイプになります。

スプレッドは驚愕のペイアウト100%ですので

投資1000円で正解したらもペイアウトが2000円

・短期

最短30秒~のまさしく短期決着のタイプです。

規制が入り海外業者でしか今は短期ができないので

せっかくの海外口座を開きましたら

こちらがおすすめになります。

ペイアウトは86%~92%になります。

92%は通貨と期間が限定となってます。

スプレッド短期

こちらも30秒~の投資になりますがスプリッドがあり

少しタイミングがずれてのエントリーのなりますが

ペイアウト率は100%になります。

通常タイプとスプリッド

どちらも使い分けて投資をするとよいと思いますが

相場がトレンド気味で値動きが激しい場合は

スプリッドで挑戦してみるなどですね。

慣れてない人は短期でコツコツとやることをおすすめします。

つい熱くなって変なところでエントリーや

金額をあげてしまうケースもあるので注意していきましょう。

関連記事

バイナリーオプション業者のtheoptionの最新情報です。バイナリーオプション theoption多くの海外バイナリーオプション業者はライセンスのを保持していませんが、ザ・オプションは金融ライセンスを取得しています。具体的には[…]

theoption
海外バイナリーオプション theoption
いつもシェアありがとうございます